法人向け研修プログラム

ナレッジプログラム

「人の良いところを盗む(共有する)」という目的で、無言語体験を通じて自分自身や同僚のコミュニケーションの特徴を参加者同士で体感することができます。コミュニケーションが伝わらない場面で、どのように対応すれば良いのか、日常の心がけやスキルが試されるミッションを進めていくことで、コミュニケーションの学び合い、また専門分野にどう活かせるかなどナレッジ(知恵)の共有や深掘りを生み出すプログラムです。

  • 適した業種・職種接客・営業、医療・介護、教育・保育など

課題と効果

主な課題

導入事例

[大手通信キャリアの場合]

導入事例詳細を見る

プログラム内容

事前ワーク
研修のゴール設定に合わせた気づきが集まるように参加者に意識付けを行います。

仲間発見ワーク
一人ひとりに配られたカードの絵柄を持って、同じ絵柄を持っている仲間を探します。ひとつの絵柄にも人によって色んな表現方法があるので要注意!

感情マップワーク
相手の感情を非言語から読み取りながら進めていくゲーム形式のワークです。

しきつたワーク
数式をチーム内の回答者へ伝えます。日常の業務に近いプロセスで、役割分担をし、いかに分かりやすく伝えるか、確認を丁寧に行えるかが試されます。

事後ワーク
事前ワークのワークシートを元に無言語体験中の自身を振り返り、潜在的なコミュニケーション能力を顕在化させます。

シェア(教え合い)
無言語体験を通して、他人の良かったところや自分の気づきを参加者全員で教え合います。

料金

※定員を超える場合は別途お見積り 
※宿泊費:交通費は別途