ナビゲーター紹介

DEAF(聴覚障害者)ナビゲーター

きこえないという強みを活かす

モノからの孤独と言われる視覚障害者、人からの孤独と言われる聴覚障害者。
DEAF(聴覚障害者)がこれまで圧倒的に長く過ごしてきた「目の前の人が何を言っているかわからない」状態。しかしその中で、相手の伝えたいことをしっかり読み取ろうとし、自分の考えをわかりやすく伝えようとする姿勢は磨かれてきました。DENSHIN では、DEAF(聴覚障害者)たちがきこえないという強みを活かし、心と心で伝えあう「無言語コミュニケーション」のエキスパートとして、ナビゲーターをつとめます。

岡本 かおり / Okamoto,Kaori

  • 岡本 かおり

    株式会社サイレントボイスDENSHIN事業部ナビゲーター。ろう者であり、生まれてからずっと聴者とのコミュニケーションの壁を乗り越えてきた。1999年から2009年にかけて、デフのオリンピックであるデフリンピック(バレーボール)にて金銀銅メダルを獲得。現在は手話講師業などで全国で活躍。自身が経験してきた「伝わらない」「理解できない」という壁をどのように乗り越えていくのかという観点から、非言語的コミュニケーションのスキルやコミュニケーションの理想的なマインドに関して気づきを導いている。

参加者へのメッセージ

無言語空間を初めて体験する人は、不安や恐怖、また孤独感を感じるかもしれません。「いつもと違う自分を表現しなくてはいけない」「いつまでたっても伝わらない」「自分だけ理解できない……」など。
でも、大丈夫ですよ。例えばあなたが、一生懸命言葉を使わずに表情とジェスチャーだけで果物を伝えている時、きっと目の前の人は一生懸命理解しようとしてくれています。反対に、あなたが伝えられる立場の時、目の前の人は一生懸命に伝えようとしてくれているはずです。
すると、気づかぬ間にあなたも一生懸命に伝えよう、理解しようとしていると思います。
「一生懸命のコミュニケーションって、うれしい。」こんな風に、日々の当たり前にありがとうって思えるきっかけを皆さんと共に作っていきたいです。

中村 ひとみ / Nakamura,Hitomi

  • 中村 ひとみ

    ろう者。映画「バベル」にエキストラとして出演。これを機に演劇の世界に入る。ろう者の俳優として舞台からテレビドラマにも活動の幅を広げ、持ち前の表現力を多くの人に届けている。決められたセリフを言うだけではなく、言葉にならない心の声をいかに感じ、それに応え表現していくのか?ろうと俳優の2つの世界から見た実践的なコミュニケーションについて、気づきの場を提供している。

参加者へのメッセージ

人は喜び、怒り、哀しみ、楽しみ、その他言葉にならない想いをたくさん持ちながら生きています。そんな想いを相手に言いたい、または相手の想いを知りたいと思って、私たちは想いを届ける。
届けた想いは綺麗にキャッチしてもらえたり、変な方向に飛んで行って誤解されたり、スルーされて地面に落ちたり、落ちたものを誰かが拾ってくれたりもします。
こんな当たり前のこと一つ一つを感じられる場が、DENSHINの無言語空間です。言葉の世界で作り上げた“いつもの自分”という役を脱ぎ捨て、言葉なんて存在も知らなかったあの頃に戻って、当たり前を感じてください。
言葉の有無にかかわらず存在する想いを、言葉の有無にかかわらず届けられるように。