法人向け研修プログラム

マネジメントプログラム

日常のコミュニケーションや人間関係を見つめ直し、自主的な変化を促すプログラムです。無言語体験の「伝わらない」経験から、「言葉が人を動かす」「分からない相手が悪い」という思い込みを外し、相手目線に立ち、諦めずに伝え続ける姿勢を養います。組織への影響力の強い方々が、相手に変化を求めるのではなく自ら変化していくために必要な気づきを生み出すプログラムです。かなりこだわりの強い参加者の方でも、人から言われるのではなく自分で気づくことによって変化する可能性があります。

  • 適した業種・職種管理職、リーダー職、コーポレート職

課題と効果

主な課題

導入事例

[大手精密機械メーカーの場合]

導入事例詳細を見る

プログラム内容

事前ワーク
日常のコミュニケーションや人間関係をワークシートを使用して振り返ります。

仲間発見ワーク
一人ひとりに配られたカードの絵柄を持って、同じ絵柄を持っている仲間を探します。ひとつの絵柄にも人によって色んな表現方法があるので要注意!

ビルディングゲーム
チームで時間内にレゴブロックを見本通りに完成させるためにコミュニケーションの仕組みや方法を考えます。

しきつたワーク
数式をチーム内の回答者へ伝えます。日常の業務に近いプロセスで、役割分担をし、いかに分かりやすく伝えるか、確認を丁寧に行えるかが試されます。

事後ワーク
事前ワークのワークシートを元に無言語体験中の自身を振り返り、潜在的なコミュニケーション能力を顕在化させます。

シェア
無言語体験を通して気づいたことを周りに伝え、その上で自分の変化について参加者に共有します。

料金

※定員を超える場合は別途お見積り 
※宿泊費:交通費は別途